山の重鎮|危険なキイロスズメバチは早めの駆除が重要

メンズ

退治は業者に

すずめばち

スズメバチは凶暴な一面がある蜂であることから、素人が下手にスズメバチ駆除を行うと、危険な目に合うことがあります。そのため、無理をせず、道具、技術、知識のあるスズメバチ駆除専門業者に任せておくことです。

もっと読む

害虫の中でも最も厄介

シロアリ

シロアリを発見した場合はいち早く駆除業者に依頼するのが得策です。素人では駆除しにくい箇所に生息している場合もあるので、根こそぎ退治したい場合や被害を最小限に食い止めたいのならすぐに業者を探しましょう。

もっと読む

イタチ類の近況と害

いたち

本邦に生息するイタチ類はニホンイタチとチョウセンイタチが挙げられる。近年街中で見られるイタチ類はほとんどがチョウセンイタチであることから、チョウセンイタチがイタチ駆除の対象となることが多い。イタチ類は鳥獣保護法においてオスは狩猟鳥獣であるが、メスは含まれていないので、注意が必要である。

もっと読む

とても危険な虫

蜂

人間の近くにいる

駆除するべき危険な虫の種類にスズメバチがありますが、中でもキイロスズメバチは特に危険なハチです。キイロスズメバチは、その名の通りに黄色い体で、スズメバチの中でも小型の種類です。体は小さいのですが、性格が凶暴で、警戒心が強く、執念深いため、とても危険とされています。巣に近づくだけでも狙われることが多いです。そのため駆除が必要になるんです。さらに、キイロスズメバチが巣を作るのが、人家の屋根裏や壁の中なんです。巣が大きくなり、場所が狭くなると引っ越しをします。ですが、戻ってくることもあります。駆除しないと襲われる可能性がとても高いですが、自分で駆除をするのはおすすめしません。必ず専門業者へ相談するべきです。また、山の重鎮は自分で対処しようとすると命を落とす危険があるため、避けた方が無難です。

都会にもいる

ハチは緑が多い場所に生息しているイメージが強いですが、キイロスズメバチは、適応力が高いために都会でも生息することが可能です。昆虫や、樹液、花の密など何でも食べます。空き缶に残ったジュースなどを食料にすることもあるため、都会でも生きていくことができます。駆除は夕方から行います。駆除には、刺されないようにするために、防護服など装備が必要になります。また、巣は高い場所にあり、大型のものもあります。巣を作るスピードが早いため、ある日突然巣に気がつくこともあります。気がついたら早めに、業者へ依頼した方が安全です。もちろんキイロスズメバチには天敵がいます。鳥や寄生虫などですが、天敵によって全滅することはあまりありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加