イタチ類の近況と害|執念深い暴れん坊|危険なキイロスズメバチは早めの駆除が鉄則

執念深い暴れん坊|危険なキイロスズメバチは早めの駆除が鉄則

男女

イタチ類の近況と害

いたち

イタチ類の生態

イタチ駆除が要請される理由としては、イタチ類が家屋に巣をつくり、糞尿の害によるものが多い。特にイタチ類は動物食性が強いため、糞尿の匂いがきつく、住人に不快感を与えるためである。また、糞尿をそのままにしておくと、ハエ、ゴキブリなどの害虫を蝟集させ、住居の衛生環境が非常に悪くなり、健康を害する可能性もある。ただし、イタチ類は鳥獣保護法においてオスは狩猟鳥獣となっているが、メスは狩猟鳥獣ではないので、メスを捕獲する場合は鳥獣捕獲申請書を提出して捕獲しないといけない。また、オスについても狩猟免許を持っているものが、猟期に捕獲することが許されている。そのため、猟期以外にオスを捕獲しようとする場合は鳥獣捕獲申請書が必要となるため、注意が必要である。

害獣としてのイタチ

本邦に生息するイタチ類は本州〜九州に生息するニホンイタチ、本州〜九州に生息するチョウセンイタチが挙げられる。近年はチョウセンイタチが分布を拡大し、ニホンイタチは各都道府県のレッドデータブックに記載されるほどに減少し、イタチ駆除の対象となることが少ない。チョウセンイタチはニホンイタチよりも大型であるため、ニホンイタチの生息圏を占有していると考えられる。特にチョウセンイタチは市街地に多く生息し、街中で見られるイタチ類のほとんどがチョウセンイタチである。チョウセンイタチとニホンイタチの見分け方は大きさが一番の特徴ではあるが、尾の長さが体の長さに対して50%を超えるのが、チョウセンイタチである。そのため、イタチ駆除の対象となるのはチョウセンイタチのほうが圧倒的に多い。イタチ駆除方法としては捕獲ワナや忌避剤散布による追い出しなどがある。イタチの性質に合わせて適切な方法がとられるため、熟練の技を持った専門業者に駆除を依頼するのが望ましいだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加